2009-02-16

C言語でラーメンズ「釣りの朝」

レポートの締め切りが迫っているときに限ってこういうの思いついちゃうんだよなぁ。

お笑いコンビ、ラーメンズの“釣りの朝”というコントに出てくる「魚数え歌」をC言語で書いてみました。

YouTube - 釣りの朝



#include

int main(void);

int main(void)
{
int i, osakana;
osakana = 1;

printf("おーさかーながー つーれまーしたー♪\n");
printf("さーんまーいにー おろーしまーしたー♪\n");
printf("%dつがそーれぞーれふーくらーんでー♪\n",osakana * 3);
printf("もとーのかーたちーになーりまーしたー♪\n");
printf("\n");
printf("あ、ごめん起こしちゃった?寝てていいから。\n");
printf("\n");
printf("\n");

for(i=0; i < 8; i++){
osakana = osakana * 3;

printf("%d匹にー なったのでー♪\n", osakana);
printf("さーんまーいにー おろーしまーしたー♪\n");
printf("%dつがそーれぞーれふーくらーんでー♪\n", osakana * 3);
printf("もとーのかーたちーになーりまーしたー♪\n");
printf("\n");
printf("あ、ごめん起こしちゃった?寝てていいから。\n");
printf("\n");
printf("\n");
}
return(0);
}



int型で数えられるギリギリまで数えてみたんだけど、9乗までとは意外に少ない。いや、19683匹まで増えれば十分か。

♪寝てていいって 寝られるカッ!!(レポート的な意味で

0 件のコメント: