2008-09-20

sodaliteはオンライフを全力で応援します。

もくもく会にて、akiyanさんから、オンライフ(http://onlife.ne.jp/)のお話を伺いました。
今は闘病ブログと闘病本のリンク集みたいな感じだけど、ゆくゆくは患者会ポータルみたいなのに育てたいとのこと。

家に帰ってサイト拝見。
「みんなでつくる闘病支援サイト オンライフ」は、慢性疾患の患者さんやその家族・友人など、慢性疾患に関心のある人たちみんなで協力して、慢性疾患についての情報を収集・整理・発信・共有するためのユーザ参加型プロジェクトです。

ふむ。
何故"慢性疾患"を掲げておいてガンが中心なのかよくわからないけど(既存の患者会とのかねあい?)関節リウマチ(RA)、多発性硬化症(MS)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)とかの難病や、ダウン症や脳性麻痺の子のお母さんや、筋ジストロフィー、I型糖尿病とかの遺伝性疾患もあってもいいよね。病名ではないけど、切断、片麻痺、脊損とか。
患者同士で情報をシェアしたい疾患は他にもいっぱいあると思う。

今私が働いているのが急性期の病院だから、というのもあると思うけど、
規模の大きい病院でも、同じ病気の人に会えるとは限らないんだよね。
だから、インターネットがもたらす出会いの意義は大きいと思うし、
ピアカウンセリングで励まされる人はいっぱいいると思う。
ピアカウンセリングじゃないと励ませない部分はあると思う。

それは医療者からのアクションではカバーしきれない、というか、
むしろ医療者から独立したところで患者さん達が情報交換をする、というところにピアカウンセリング以外の良い点が潜んでいそう。

メリットだけじゃなくて、
特定の施設に患者さんが殺到して、その施設の機能に支障が出ないか、とか、
(逆に、研究目的で症例数が増えて喜ぶ医師やコメディカルもいるかも)
同じ疾患だから同じ経過をたどるとは限らない、ということを判ってくれないユーザーがいたりとか、
今後ユーザーのリテラシーをどうやって育てるか、というのも興味深い。

あと、慢性疾患といえば糖尿病。
糖尿病気質の人はこういうの、参加したいかな……うーん。
でも、ものすごく頑張ってる人がいたら、私も節制しよう!とかってならないかな。
(II型/遺伝性疾患ではなく生活習慣からくる)糖尿病の人、全体が動くのは難しいとしても、励ましあうことで節制できる人の割合が増えればいいな……


というわけで、ささやかなωブログですが、sodaliteは全力でオンライフを応援します。

もくもくしてきました。

学校の秋休みもあと少し。
金曜日の夕方、六本木ヒルズでもくもくしてきましたよ。

ライブラリはパソコンの起動音すら憚られる静かっぷり!
すごい。この静けさとゆるい緊張感はいい環境。

ノートパソコンでの作業がメインだったら素晴らしいところだと思う。
静かだし、皆勉強してるし、延長コードも貸してくれる。使わなかったけど、LANもありまくり、らしい。
そのへんのカフェみたいに、何か頼まなくちゃ、というプレッシャーもない。
フレッシュネスバーガーの系列ぽいカウンターでワンドリンクつき。
見晴らし最高!ライブラリーカフェの正面にはライトアップされた東京タワーが!!

グレートブックスライブラリの机は、A4くらいのサイズの小さなテーブルが椅子にくっついてる。(可動性はいい感じなので、折りたたみ椅子についてるアレよりは激しく快適)覗かせてもらったマイライブラリゾーン(メンバーしか使えない机のスペース)も、中学高校の教室にあった机くらいの大きさ。教卓じゃなくて、生徒のほう。複数の本で調べて紙にアウトプットする作業の人とか、デュアルディスプレイで仕事したい人には向かないと思う。(デュアルディスプレイは持ち歩かないか?)

医学書とか持ち込んで紙ベースで勉強するのはきびしいだろうな……
うるさくなっちゃうけど、私なら机の近くにコピーカードの使えるコピー機も欲しい。分不相応という言葉が頭をよぎるよ。ニコニコ動画のように。


さて、もくもく。
今日の課題はC言語。構造体のサンプルプログラムを書き写すよ。

kimzoさんa2psさんakiyanさん(!)に合流したらば、グレートブックスライブラリというスペースからライブラリーカフェに移動。ここはおしゃべりしても大丈夫。

で、なぜか3人で私のブログ(ここ)を読み始める。どんな罰ゲームですか!!将棋とかMITのオープンコースウェアとか、自分が書いたことすら忘れている話を……渋いですね。そうですね。1バイトもスウィーツではないブログだとと思います自分でも。頭を抱えて絨毯の上でゴロゴロしたいくらい恥ずかしい。うわぁぁぁぁぁぁ。

ああ、でもC言語3日坊主の戒めのため、記事を削除するのはやめておこう。マゾヒスティックに。

何故Cを?と聞かれる。
まさかC言語という選択が渋いと言われるとは思わなかった。

聞けば、ソフトウェアを作る人ならPHPとかparlをやるのが一般的らしい。

C言語を勉強して、こーいう感じのものが作りたいんだ、という話をしたらば、
ハード寄りなら、C言語もあながち間違ったチョイスではないと。よかった。

それはソースを公開したら注目度高いよ!といわれた。頑張ろう。
まだ海のものとも山のものともつかないんだけど、完成させたいぞ。


ITなお話を伺ったり。
やりたいことがあって、それをどう収益につなげていくかという方向で仕事(ジョブと言うか、ワークと言うか、まあ、ビジネス)を考えていくのは爽やかでいいなぁ。と思ったり。
でも、社会全体の分業、ということを考えると、受託、とくにシステムやプログラミングをわかってない人から受注して何かを作る仕事は決してなくなりはしないだろうな、と思ったり。
もちろん個人がそれを続けたいと思うかどうかは別の話だけれど。

普段、リハビリ屋さんは儲からないよなぁ……という話を聞く頻度が高いので、自営っぽい話は聞いていて新鮮でした。


というわけで、もくもくと勉強していたわけではないけど、行ってよかった。
皆様どうもありがとうございました。

続きます。

2008-09-07

水泳メモ

市営プールで久しぶりに水泳。
6月頃買った5回分の回数券がまだ使い切れない。

そろそろ水に入るだけじゃなくて、まともに泳げるように努力してみようか。
目的は体力向上なので、水に入れば何でもいいような気がするけど、努力目標があったほうが楽しいはず。

ビート板に両腕を乗せ、鼻から上を水から出してバタ足。
体幹が左右にねじれる。無駄な動きっぽい。

骨盤のあたりにベルトみたいな輪っかをイメージ。(というか、骨盤は輪っかだということを意識。)
その輪っかを動かさずに、まっすぐ水が通るように泳いでみる。

おお!なんか速くなった気がする。
いつか見た、水の上を滑るように泳いでいた人に近づいたかな?

キックの感触が左右で違う。
右脚は程よい筋緊張で力を入れずに推進力を作れている気がするけど、左脚は膝も足関節もゆるくてきちんと蹴れている気がしない。これは今後の課題。
踵を意識すればいいのかしら?足底?

30分、ずっとビート板でバタ足してても全然飽きなかった。
解剖学とか、運動学とかやっとくと、ボディイメージが細かくなる分、運動のフィードバックも増えてくるから面白いのかな?

も少し続けたい。