2008-04-02

将棋なんてやっている場合だろうか。

春休みなので、アルバイトをしている病院のカンファレンスに出席した。
言っていることがぜんぜんわからない。基礎医学も、基本的な評価学も履修が終わったのに。
(今年度は3年生。○○疾患の理学療法とか、ケース別の各論を習う。)

高血圧の患者様が降圧剤服用中、とか言われても、それがリハビリにどう関係してくるのか、とか、
プレドニン○mg、つうのがリハビリや予後にどう関係してくるのか、とか。見当がつかない。

それだけではない。臨床実習まであと1年、習ったことを忘れる危険もある。

とりあえず、新学期が始まったら授業の前に友人に血圧測定の練習台になってもらおう。
ROMもMMTも練習しておきたい。いつ?
トランスファーもせっかくコツを飲み込んだのに。

将棋をやっている場合だろうか。
勉強に集中したほうがいいんじゃないだろうか。学校の勉強に飽き足らなければ文献読むとか、成書を読むとか。

仮に、1000本ノックのように患者さんの来る病院に就職したとしたら、文献読んだり先生に聞いたりできるのは今だけだ。思い切り頭でっかちになっておかなくては。

勉強の次に優先するこころがけとして、人に会っておきたいんだけど。街に出る、人に会う、というテーマは捨てがたい。

うーん、将棋、せめて3手詰ハンドブックを1周終わらせたいんだけど。英語もあるし、優先順位は低めだなぁ。選択と集中。胸が痛む。

0 件のコメント: