2008-03-12

卒業の季節だから

再来週のTOEICの準備として、iPodの社長のスピーチを繰り返し聞いている。
有名な素晴らしいスピーチなので、コピーとか、文字に起こしたものとか、翻訳とか、たくさん出回っている。
知らなかった人は見るといい。知っている人ももう一度見るといい。


字幕.in | Steve Jobs Stanford Commencement Speech 2005
http://jimaku.in/w/D1R-jKKp3NA/nbZXF_WFQDq

原文:http://slashdot.org/comments.pl?sid=152625&cid=12810404
訳:http://www.is.oit.ac.jp/~osato/server/~osato/links/SteveJobs20050612.html


本題に関しては動画(字幕つき)なり、訳文なりをチェックしてもらうとして、
内容とは関係なく私のアンテナに引っかかったものリスト。


◆It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can't capture.
科学が捉えることのできないもの。

人の心とか、神の意思とか、そんなんじゃなくて、具体的過ぎて感動。


◆It was awful-tasting medicine but I guess the patient needed it.
ひどい味の薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。

すごいな。一連の事件に関してJobsはもう恨んでないというのが、どんな美辞麗句よりも伝わる表現だと思う。いつか使おう(笑)


◆the only way to do great work is to love what you do.

心の手帳にマジックで書いておこう。笑


◆I read a quote that went something like "If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right."
大体こんな感じの文章を読みました。「毎日、その日が人生最後の日であるかのように生きよう。いずれその日が実際にやってくるから」とかなんとか。
◆No one wants to die, even people who want to go to Heaven don't want to die to get there.
誰も自ら死のうとは思いません。天国に行きたいと望む人でさえ、今すぐ死んで天国に行こうとすることはありません。

こういうジョークが使える大人になりたいウインク

0 件のコメント: