2008-01-12

私はいかにしてプチ汚部屋を脱出するか

Soda邸は綺麗なのか?と問われると,答えはYesでもあり、Noでもある。
寄せては返す波のように片付いたり散らかったりしている。

片付いているときは殺風景なほど。
ウチを訪れた人は口々に”物が少ないね。”という。
散らかっているときは、それはもう、百年の恋も冷めるほどに散らかっている。
当然人など呼べるはずもない。

片づけをすると,速い時は30分,時間がかかっても2時間ほどで復旧できる。
まあ、習慣とか、”片付け体力”によるところも大きいのかもしれないけど,
これだけダイナミックに部屋が片付くと少なからず気分がいい。

で、気分がいいついでに自分の方法を書いてみる。

前提
  1. 物が少ない。
  2. 消耗品でないものは”予備”を持たない
  3. 消耗品の予備は原則1個
  4. 収納スペースは物の量に対して過剰にある。(その方がしまいやすいから。たくさん入るからではない)
  5. 使うところのそばに物の定位置が決まっている。
段取り
  1. 床に落ちているものを手にとる。
  2. 定位置,あるいはゴミ箱へ運ぶ。
  3. 以上を繰り返す。
  4. 一度手にとったものは必ず”定位置”か”ゴミ箱の上”で手を離す。床の上には戻さない。
  5. 一部屋ずつ片付ける。玄関から始めると,すぐに”一部屋完了”という達成感がゲットできてよい。

ウチの場合は,玄関→台所→寝室→以上3部屋を掃除機がけ→ユニットバス掃除(トイレクイックル+バスマジックリン)→食器洗い→勉強机→洋服たたみ(乾いた洗濯物の山を片付ける)
の順で片付けるんだけど,順番はどうでもいいと思う。

以下,つれづれと。

2ch掃除板の、キッチンタイマー掃除法(15分を1コマとし、タイマーが鳴ったら小休止)は秀逸。体力とモチベーションがないときは私もやってるよ。
部屋を汚く見せるのは,服。服が床に散らかってると,これはもうどうしようもない。次点で本。
つうか、これだけ収納に恵まれていて、物も少なくて、定位置も決まっているというのに,何故散らかるんだろう?
使った後、すぐに戻さないから,か……(遠い目)
家にいる時間が長いときは,それなりに片付いている。不快な場所に長居したくないから。
散らかるときは家にいないことが多い時期。
寝オチか出かけるときに散らかるのか。なるほど。
時間にゆとりをもて、と。つまりはそういうことだ。

0 件のコメント: