2008-01-19

英語の進捗

DUOに飽きてきたし、少しは語彙もついた気がするので英語の勉強は多読のphaseへ。

今読んでるのは古本屋で買った 折原みと英訳本

折原みと!今笑った人は私と同年代。
私が小中学生の頃に流行った少女小説。

先日読み終わった「 夢みるように、愛したい」(笑)は↓こんなお話。
両親が離婚することになった主人公が、親に心配かけて復縁させようと家出するんだけど、途中で事故に遭って幽体離脱。
ユーレイになってあれこれ冒険。
天使のリョウくんと恋におちる。
親が離婚する現実はつまらないし、リョウくんと一緒にいたいから、いっそ本当に死んでしまおうと決意したんだけど、親が復縁することになったんでやっぱやめます。バイバイリョウくん。

…いやはや。

巻末の解説にちょろっと載ってる原文の文体も懐かしくて悶絶。
"しいて言えば,アタシがここにこうしている,そもそもの原因は,彼女なんだ。"とか。
点が多い。
私も人のこと言えないほど多いけど。
実は影響を受けていたのか!?

英訳したのは日本人で、そこんとこネイティブ的にどうなのと思うけど、何も読まないよりいいや。
ネイティブの書いたものは語彙が難しくてわからん。


あとは、英語ブログを少し読んでいる。

2パラグラフで英字新聞を読もう!
http://www.melma.com/backnumber_105383_3966170/
難しい単語には訳がつくし,日本語の解説もあるので割と読みやすい。

NASA Image of the Day
http://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/index.html
天文学関係の語彙がなくて苦しいけど,
時々面白い画像もあるし,文が短いので読む気になる。

the qualia journal
http://qualiajournal.blogspot.com/
脳科学者・茂木健一郎のブログ。
"そこんとこネイティブ的にどうなの"問題はあるけれど,長い割に読みやすいからいいや。

最近iKnow!というウェブサービスに入ってみました。
http://www.iknow.co.jp/user/sodalite
1レッスン10分くらいを1日2,3レッスン。
これは語彙を増やすやつ。


まあ、今は内科をやる方が大事なんだけどさ。

2008-01-15

今日のライフハック

Twitterから。

TsumuRi: ヨガ今日の分終了。カレンダーにハンコを押す。ハンコ押すとわりと続く。 http://tinyurl.com/yolh3y

手帳じゃなくて(手帳でもいいんだろうけど)カレンダーってとこがぐっときた。
可愛いスタンプの並ぶカレンダー。うん、いい。
リンク先のブログエントリーもあとでゆっくり読もう。

ライフハック関連記事を読んで心がけを新たにする,というライフハック

近頃のライフハック関連の玉石混淆っぷりはみのもんた的健康法に似ているとはいっても,それでもライフハック関連の記事があれば読んでしまうし,時にはビジネス書も買う。なぜか。

ライフハック(笑)ってスカしてれば仕事ができるようになるのかよぅ。こちとら、なりふり構ってられないんだよぅ。というのが理由の一つ。

もう一つは,やっぱり効果があると思っているから。

英語の勉強法の本も時々読むんだけど,あれ,読んでるだけじゃ英語の勉強にならないのね(当然)。でも、読んでると勉強したくなるわけさ。読んだ本の方法論をいちいち真似するわけじゃない。いつもの勉強法を続けるんだけど、いつも以上に気合が入る。(で、ちゃんと成果があがっている)

ライフハックも然り。

仕事のスタイルはそんなに変わらないんだけど,意識的にスタイルを整えて,心がけを新たにして働く。つうのが大事。

成功するかどうかは、あまり大事じゃないんだ。私の場合は。あわよくば今の日々の先に成功があればいいなという気持ちはあるけど。仕事を楽しむツールの一つ。ライフハック関連記事を読んで気を引き締めるライフハックなんだ。

そう、仕事は楽しい方がいいじゃないか。

2008-01-12

私はいかにしてプチ汚部屋を脱出するか

Soda邸は綺麗なのか?と問われると,答えはYesでもあり、Noでもある。
寄せては返す波のように片付いたり散らかったりしている。

片付いているときは殺風景なほど。
ウチを訪れた人は口々に”物が少ないね。”という。
散らかっているときは、それはもう、百年の恋も冷めるほどに散らかっている。
当然人など呼べるはずもない。

片づけをすると,速い時は30分,時間がかかっても2時間ほどで復旧できる。
まあ、習慣とか、”片付け体力”によるところも大きいのかもしれないけど,
これだけダイナミックに部屋が片付くと少なからず気分がいい。

で、気分がいいついでに自分の方法を書いてみる。

前提
  1. 物が少ない。
  2. 消耗品でないものは”予備”を持たない
  3. 消耗品の予備は原則1個
  4. 収納スペースは物の量に対して過剰にある。(その方がしまいやすいから。たくさん入るからではない)
  5. 使うところのそばに物の定位置が決まっている。
段取り
  1. 床に落ちているものを手にとる。
  2. 定位置,あるいはゴミ箱へ運ぶ。
  3. 以上を繰り返す。
  4. 一度手にとったものは必ず”定位置”か”ゴミ箱の上”で手を離す。床の上には戻さない。
  5. 一部屋ずつ片付ける。玄関から始めると,すぐに”一部屋完了”という達成感がゲットできてよい。

ウチの場合は,玄関→台所→寝室→以上3部屋を掃除機がけ→ユニットバス掃除(トイレクイックル+バスマジックリン)→食器洗い→勉強机→洋服たたみ(乾いた洗濯物の山を片付ける)
の順で片付けるんだけど,順番はどうでもいいと思う。

以下,つれづれと。

2ch掃除板の、キッチンタイマー掃除法(15分を1コマとし、タイマーが鳴ったら小休止)は秀逸。体力とモチベーションがないときは私もやってるよ。
部屋を汚く見せるのは,服。服が床に散らかってると,これはもうどうしようもない。次点で本。
つうか、これだけ収納に恵まれていて、物も少なくて、定位置も決まっているというのに,何故散らかるんだろう?
使った後、すぐに戻さないから,か……(遠い目)
家にいる時間が長いときは,それなりに片付いている。不快な場所に長居したくないから。
散らかるときは家にいないことが多い時期。
寝オチか出かけるときに散らかるのか。なるほど。
時間にゆとりをもて、と。つまりはそういうことだ。