2007-11-11

MIT OpenCourseWareで神経学を勉強するよ。

TOEIC730点クリアの調子に乗って、MIT OpenCourseWareで神経学を勉強するよ。
あくまで趣味として。

MIT OpenCourseWareは、マサチューセッツ工科大学の教材情報を無償で公開するという、なんとも太っ腹なプロジェクト。
普段の暮らしを続けながら、ひやかし半分でお茶の間留学が出来る。インターネッツって素晴らしい!

とりあえず年内、毎朝1時間ずつやってみようと思います。
http://ocw.mit.edu/OcwWeb/Brain-and-Cognitive-Sciences/9-22JFall-2006/CourseHome/index.htm

教科書はこれ
Purves, Dale, et al. Neuroscience. Sunderland, MA: Sinauer Associates, 2004.
http://www.amazon.co.jp/Neuroscience-Dale-Purves/dp/0878937250/ref=sr_11_1/249-4263399-8311536?ie=UTF8&qid=1194784179&sr=11-1

生協で買ったら、アマゾンのと表紙が違ってて、第4版になってた。
組合員割引後の値段が15000円だった。アマゾンの中古なら8500円だったのに……
以後、洋書の専門書には気をつけよう。しかし悔しい。
6500円あったら別の本が買えたではないか。

教科書をざっと見た感じでは、知ってる話題が多そうな。静止膜電位とか、イオンチャンネルとか神経伝達物質とか。

副読本の" 妻を帽子と間違えた男"は日本語で読んだ。
あとの成書の副読本は、入手が難しそうなのでパス。
雑誌のやつは、なんとか手に入ると思う。

英語力とか、持続力とか、いろいろ不安要素はあるけれど、
週に1つ、26回分ある中の7回分はやり遂げたい。

0 件のコメント: