2007-11-26

数学のキャッチフレーズ

数学を教えるときのキャッチフレーズを決めた。
"数学は、手の運動。"

とにかく書け。思いついたことはすべて。
暗算なんてしない。できれば消しゴムも使わない。

"この式を動かすとしたらどこ?"
"他に変形できるところはないかな?"
"ほかにはどんなことが言える?"

美しさを目指すのは、それができてからだ。


でも、実はAmyは"美しい数学"を目指すことができるレベルにきている。

"おお、これはきれいだね。グッドです。"
"ここの回答は、堂々巡りだから美しくない"
"本日はここまで。宿題は二次不等式を見直すこと。方法は自分で考えて決めてね。来週どんなことをやったのか聞きます。"

家庭教師の教え子、Amyにどんどん高度なことを要求できるようになるのが楽しくてしょうがない。

0 件のコメント: