2007-11-28

学生実験レポートを書くときのこころがけ

何の因果か、あれから10年経った今、また学生実験レポートを書いている。

リハビリにだってEvidence-basedなMedicine(略してEBM)であることが求められているのだ。医学を研究する医者がいるように、理学療法学や運動学や生理学を研究する理学療法士がいるんですよ。で、研究の基礎トレーニングのための授業がある、と。やれやれ。

学生実験レポートを書くに当たって気が付いたことがあるので、こころがけとして整理してみる。

その1:どこの学校でも言われそうなこと。
まあ、基本は大事ですよね。
  • 方法は現在形で、結果は過去形で書く
  • 客観的な事実と自分の考えを分けて書く
  • 自分の考えを述べるときは、その根拠と考えの道筋を明らかにする
  • 明示的に書く書かないは別として、主語はいつも明確にしておく
  • 一つの文はできるだけ短くする
  • 文と文との関係をあきらかにするため接続詞を活用する
  • 要するに何が言いたいのか、明らかにする
  • はじめに結論を書いて、その後に説明を書く

その2:10年目にしてようやくわかったこと
  • 読み手(先生)に示すべきなのは、オリジナリティではなくテーマに対する理解
読み手のことを考えて書けとはよく言われるけど、学生実験レポートの読み手は先生。自分達より実験テーマに精通した人に向かって一体何を述べよというのか、大学生の頃には皆目見当がつかなかった。10年目にしてやっとわかったよ。

理解度を示すには、人に教えているところを見せればいい。すなわち、クラスメイトに教えるように書く。(おじーちゃんおばーちゃんや、年の離れた弟妹に教えるように書くと、長すぎたり浅すぎたりする) あるいは実験方法とその結果を根拠に、テーマとなる考えについて丁寧に述べる。

オリジナルの研究をするための基礎的なトレーニングだからといって、独創的な考察をする必要はない。まあ、先生の好みにもよるけど、人と違うものを書く必要はない場合の方が多いんじゃないかな。もし人と違うものを書こうとするなら、自分であれこれひねり出すより、圧倒的に膨大な量の資料に当たった方が良い。

おっと、書きながらもう一つ気付いた。

  • 文献は、考察に根拠を与えたり広がりをもたせたりするために使う。正解を探すためではない。


その3:すごいレポートを書こうとして、自分でハードルを上げすぎてしまわないために
  • 俺らアーティストじゃなくて職人ですから、特別なものを書かなくていいんです。
わかりやすい文を丁寧に書く。事実をていねいに写し取る。考察の過程を丁寧に述べる。左から右物を動かすように、淡々と文書を作成する。こんなのはただの事務仕事だ。冗長さを恐れず、おなじ表現を使った対比・並列をする。それが読み手にとって判りやすいと思うのならば。

結果として、職人の作る道具に"用の美"が現れるように、美しいレポートになるといいなと願う。

2007-11-26

数学のキャッチフレーズ

数学を教えるときのキャッチフレーズを決めた。
"数学は、手の運動。"

とにかく書け。思いついたことはすべて。
暗算なんてしない。できれば消しゴムも使わない。

"この式を動かすとしたらどこ?"
"他に変形できるところはないかな?"
"ほかにはどんなことが言える?"

美しさを目指すのは、それができてからだ。


でも、実はAmyは"美しい数学"を目指すことができるレベルにきている。

"おお、これはきれいだね。グッドです。"
"ここの回答は、堂々巡りだから美しくない"
"本日はここまで。宿題は二次不等式を見直すこと。方法は自分で考えて決めてね。来週どんなことをやったのか聞きます。"

家庭教師の教え子、Amyにどんどん高度なことを要求できるようになるのが楽しくてしょうがない。

2007-11-11

MIT OpenCourseWareで神経学を勉強するよ。

TOEIC730点クリアの調子に乗って、MIT OpenCourseWareで神経学を勉強するよ。
あくまで趣味として。

MIT OpenCourseWareは、マサチューセッツ工科大学の教材情報を無償で公開するという、なんとも太っ腹なプロジェクト。
普段の暮らしを続けながら、ひやかし半分でお茶の間留学が出来る。インターネッツって素晴らしい!

とりあえず年内、毎朝1時間ずつやってみようと思います。
http://ocw.mit.edu/OcwWeb/Brain-and-Cognitive-Sciences/9-22JFall-2006/CourseHome/index.htm

教科書はこれ
Purves, Dale, et al. Neuroscience. Sunderland, MA: Sinauer Associates, 2004.
http://www.amazon.co.jp/Neuroscience-Dale-Purves/dp/0878937250/ref=sr_11_1/249-4263399-8311536?ie=UTF8&qid=1194784179&sr=11-1

生協で買ったら、アマゾンのと表紙が違ってて、第4版になってた。
組合員割引後の値段が15000円だった。アマゾンの中古なら8500円だったのに……
以後、洋書の専門書には気をつけよう。しかし悔しい。
6500円あったら別の本が買えたではないか。

教科書をざっと見た感じでは、知ってる話題が多そうな。静止膜電位とか、イオンチャンネルとか神経伝達物質とか。

副読本の" 妻を帽子と間違えた男"は日本語で読んだ。
あとの成書の副読本は、入手が難しそうなのでパス。
雑誌のやつは、なんとか手に入ると思う。

英語力とか、持続力とか、いろいろ不安要素はあるけれど、
週に1つ、26回分ある中の7回分はやり遂げたい。

2007-11-10

ウクレレほしい

チェロが弾きたい。かっこいいから。
あと、意識的に身体感覚を使うのに、楽器の演奏はいいと思うんだ。
体力ないからスポーツしたくないし。

だがしかし!仕事&学校の2重生活でチェロを買って習って練習する余裕など、経済的にも物理的にもありはしない。

で、ウクレレなら手が届きそうだ。ギターよりお手軽っぽくていい感じ。
身体感覚を鍛える役には立たない気がするけど。
いいんだ!私には"演奏する対象"としての音楽が必要なんだ!

ざっとネットで調べて、役に立ちそうなところをブックマークしておこう。

◆ウクレレと私
http://ukulele-ukurere.net/
コード表 がいい感じ。使えそう。

◆The Beatles guitar tabs, chords, bass tablatures - rockmagic.net
http://www.rockmagic.net/guitar-tabs/beatles/
まあ、ギター用なんだけどさ。使えるんじゃないの?ダメ?


もう↑この2つで気が済むと思うんだけど、欲が出たときのために。

◆ウクレレ 3CodesKing
http://ukulele.hayashiwebsite.nobody.jp/
C,G7,Fでいろいろ弾けるよ。

◆COBA STUDIO UkuleleSight
http://www.cobastudio.com/ukulele/
理論充実。

◆Ukulele Beatles Fun!
http://beatlesite.info/index.html

このサイトで楽しめるようになれば相当楽しいと思う。